BLOG-SINGLE

はじめに

ubuntuをインストールしたのはいいけど、LAN周りのドライバーが認識されない!Wifiドングルをマニュアルでビルドしたいけど、そもそもmakeができない!そのような方向けの記事です。build-essentialをboot usbからオフラインでインストールすることでmakeが実行可能になります。

今回の環境は以下で実行しています。

OS : ubuntu18.04

cdromからapt installできるようにする

以下のコマンドでsources.listを開きます。

  sudo vi /etc/apt/sources.list

/etc/apt/sources.listの一行目のコメントアウトを解除します。

  # deb cdrom:[~~~

  deb cdrom:[~~~

boot usbがどのdriverとして認識されているか確認

boot usbを取り外した状態で以下のコマンドを実行します。

  sudo fdisk -l

boot usbを取り付けた状態で再度以下のコマンドを実行します。

  sudo fdisk -l

これらを実行した時の差分から、/dev/sd~~がboot usbであるとわかります。

メディアとしてのboot usbをアンマウント

  sudo umount /media/(ユーザー名)/‘Ubuntu ~~amd64’

cdromのフォルダを作成してboot usbが認識されているdriverをマウント

  $ sudo mkdir /media/cdrom
  $ sudo mount /dev/sd~~ /media/cdrom

以下のコマンドでboot dists installなどの表示が確認できます。

  $ ls /media/cdrom

build-essentialをインストール

  $ sudo apt install build-essential

以下のコマンドで依存関係が壊れていないか確認します。

  $ sudo apt --fix-broken install

以上で完了です!!
さまざまなドライバーをマニュアルでビルドする際にも役立つ記事かと思います!!
みなさんの開発の一助になれれば幸いです!!

この記事を書いた人
炭谷翔悟

代表取締役

最先端の人工知能(AI)技術である「逆最適制御(逆強化学習)」の専門家