NuLMiLとは

不良品画像に色を塗りパターン学習させることで、AIによる外観検査を行うソフトウェアです。

PC・タブレット端末などで専用のペイントツールを用い不良箇所を色塗り登録すると、AIにパターン学習をさせます。塗り分けた色に応じた不良を自動で検出・分類し、製品の外観検査を行うことができます。

検査対象に応じて、NuLMiLで検査できるハードウェアの作成・販売をいたします。NuLMiL搭載の自動検査装置を販売しております。また、オーダーメイドでの検査装置作成も承ります。

利用事例

傷の検出1

傷の検出2

穴の検出

バリの検出

3つの特徴

①少数のデータで高精度を実現

特許も取得した弊社独自の技術により、数十枚程度のデータで高い検査精度を出すことに成功しました。NuLMiLの特徴でもある色塗りによる精密な学習データ作成と良品学習・不良品学習のハイブリッド学習が、高品質な自動外観検査を実現いたします。

多品種製造にも対応

従来の外観検査 AI では製品ごとに AI を作成する必要がありましたが、NuLMiLでは製品の垣根を越えた AI を作成します。そのため、複数製品に対しても 1 つの AI で対応することが可能です。

③既知の不良の分類から未知の不良の検出まで可能

不良品学習・良品学習のハイブリッド学習を採用しています。

  • 色塗り登録による不良品学習で、既知の不良は確実に検出します。
  • 良品の画像も登録することで、良品学習を行い、良品との乖離度から未知の不良も検出します。